“ボクシング王国”再び… ~25年ぶりの世界王者誕生~ 大田昌秀 平和への執念
6月 21

沖縄戦から72年となる慰霊の日にお伝えする「きんくる」は

沖縄戦にまつわる〝357通〟の手紙についてです。

 

手紙は、沖縄戦で戦死した日本軍の兵士の家族たちが

終戦直後に書いたもの。

そこには、息子や夫を戦争によって亡くした

遺族の悲痛な思いがつづられています。

実は、この手紙は兵士たちが所属していた部隊の大隊長が

70年間誰にも見せずに保管してきました。

その大隊長が「若い人たちに戦争の姿を知って欲しい」と

今回、大学生たちに託したのです。

 

戦争を知らない大学生たちは、

遺族が書いた手紙を通して何を感じとるのか。

戦争体験者が少なくなる中、遺された〝手紙〟を通して

72年前の沖縄戦とは何だったのかを考えます。

 20170623blog.jpg

沖縄戦・遺族からの357通

スタジオ観覧はありません

【放送】総合テレビ 6月23日(金) 午後7時30分~7時58分

【再放送】総合テレビ 6月24日(土) 午前10時55分~11時23分



Leave a Reply